Facebook Instagram

プロの美容師が制作するオーダーメイドウィッグの『RITA』

TEL

ブログ

抗がん剤の治療が始まる方へ…準備と対策

投稿日:

RITA 嶋田
こんにちは。

奈良でウィッグのレンタルと販売・訪問美容をしています。

RITAの嶋田です

 

 

本日は、京都の病院に行ってきました。

これから、抗がん剤の治療が始まるので、

その前にウィッグの試着をしておきたいそうです。

 

 

まだ脱毛していませんので、

脱毛することを想定してサイズを決めていきます。

 

病院の先生からは、副作用による脱毛が起きる可能性があると伝えられ

心配だとおっしゃっていました。

 

 

治療が、始まる不安

脱毛が、始まる不安

その他、自分の体にどんな変化が起きるのか

すごく不安だと思います。

 

 

脱毛が、始まる時期から脱毛中

用意しておけば便利だなぁと思うアイテムをお伝えします。

落ち着いて心の準備をしましょう。

 

 

抗がん剤治療と脱毛

 

脱毛

一般的に、抗がん剤の治療開始から約2~3週間後に抜け始めます。

脱毛の程度は、抗がん剤の種類や量によって違いますので、

担当医に確認するのがいいでしょう。

 

脱毛しないからといって、抗がん剤が効いていないわけではありません。

脱毛は、髪だけではなく眉毛やまつ毛、体毛なども抜ける場合もあります。

では、脱毛が起きるまでに、どんな準備をしておくのがいいのでしょうか。

 

 

脱毛がはじまる前の準備

 

ウィッグ(かつら)の準備

 

ウィッグは、既製品からオーダーメイドまで様々な種類があります。

価格も、数千円から数十万と幅が広いです。

メーカーによっても、カットやサイズ調整、

メンテナンス等のアフターフォローも違ってきます。

 

既製品にするかオーダー商品にするかで、

完成するまでの日数も違ってきます。

体調の良い時に早めに準備しておくのがいいでしょう。

 

 

写真を撮っておこう

 

脱毛前にウィッグを準備できなかった場合は、

脱毛前の自分の写真を撮っておくとウィッグを作る時の参考になりますよ。

スマホで1枚撮っておくだけでもいいですよ。

 

 

自毛を短くカットしておく

 

自毛が長いままだと、脱毛時にシャンプーやブラッシングで、

からまりやすくなります。

脱毛前に髪を短くしておくと抜け毛の量も少なく感じられ

精神的ダメージも軽減されます。

 

ただし、ウィッグを長めのヘアースタイルにされる場合は、

早めに、自毛を短くしてしまうと、ヘアースタイルが一気に

ショートからロングに変わり、周囲に気づかれてしまいますので

自毛をショートにするタイミングに気をつけましょう。

 

 

抗がん剤の治療中

 

脱毛が始まったら

 

抗がん剤の治療中は、お肌だけではなく、

地肌も敏感になります。

やさしくお手入れしましょう。

 

シャンプー

 

地肌を傷つけないように爪は短く切っておくのが、

いいでしょう。

 

指先でシャンプーするのではなく、指の腹でやさしく洗います。

 

 

 

リンス

 

脱毛中は、リンス・コンディショナー・トリートメントは、

髪がからまる場合のみ毛先に使用しましょう。

地肌には、つけないようにしましょう。

 

 

シャンプーもリンスも、しっかり流しておきましょう。

 

 

いざ、脱毛が始まったら

 

 

頭部を保護しましょう。

髪は、何のために生えているのか?

頭を守るために髪の毛は、生えていますので

髪の代わりに、

衝撃を吸収したり紫外線や暑さ寒さから

頭を守るためのものが必要です。

 

例えば

ウィッグ・帽子・バンダナを普段から身に着けておくのがいいです。

 

 

脱毛が、ピークで抜け毛が気になる方は、

使い捨ての帽子をかぶっておくのもいいでしょう。

 

床に落ちた抜け毛や、朝起きたときに

枕やシーツについた抜け毛が気になり始めたら

 

使い捨ての帽子をかぶっておくと

パラパラと抜け毛が散らばりません。

 

抜け毛を見るのは、精神的にも辛いと思いますので

帽子で、キャッチし

そのまま、ゴミ箱にポイです。

 

病院の売店でも販売されていると思いますので

一度見ておかれてもいいと思います。

色は、黒や茶色など

濃い色のものを選んでおかれると、さらに抜け毛が目立ちません。

 

普段の洋服も、白っぽい服だと

抜け毛が目立つので

抜け毛が多い時は、濃い色の洋服を選ばれるのも

いいですね。

 

 

 

今回は、ウィッグと関係のない話でしたが、

抗がん剤治療への不安が少しでも軽くなっていただければと思っております。

 

実際に、お客様から聞いたお話では

抗がん剤の治療が始まる前は、不安しかなかったけれど

始まってみれば、体はつらい時もあるけれど

こんな感じなのかと…頑張れると。

皆さん、個人差はあると思いますが、

経験したことがないことをするのは

不安ですもんね。

 

 

不安な時は、病院の先生や看護師さん

大きな病院には、がん相談支援センターがあります。

いろんな方に相談してみてください。

髪のことウィッグのことは、RITAにご相談ください。

 

 

 

髪のことに関して何でもお気軽にご相談ください。

住所:奈良市西大寺本町5番3

TEL:0742-94-5735

『RITA』嶋田

医療用ウィッグの『RITA』代表の嶋田孝代です。

『RITA』のホームページをご覧いただき、本当にありがとうございます。

『RITA』の役目は、抗がん剤治療などによる脱毛でお悩みの方に、医療用ウィッグを通じて健康的な生活のサポートをすることです。

ご自宅や病室に直接伺って採寸いたしますので、周囲の目を気にされることなく医療用ウィッグをご注文いただけます。

奈良から全国へ出張可能です、是非お気軽にお問い合わせくださいね。

-ブログ