Facebook Instagram

プロの美容師が制作するオーダーメイドウィッグの『RITA』

TEL

ブログ

美容師が教える 手術後のウィッグ装着方法

投稿日:

RITA 嶋田
こんにちは。

奈良でウィッグのレンタルと販売・訪問美容をしています。

RITAの嶋田です。

 

 

本日は、大阪のお客様のご自宅にウィッグのメンテナンスに訪問してきました。

 

治療の方も少し落ちつき、

お友達が集まりお祝いをしてくださるそうです。

その時に、ウィッグを使用するのでメンテナンスのご依頼です。

 

久しぶりにお会いしました。

お元気そうなお顔が見られ嬉しいです。

 

今日は、頭部の手術あとを

カバーするため少しウィッグの

装着位置を前にずらして着けることをアドバイスさせていただきました。

 

 

 

ウィッグを使用される方は

抗がん剤による脱毛の方は、もちろんですが

頭部の手術などにより、ウィッグを装着される方も

いらっしゃいます。

 

その方によって、手術後も違い

装着位置も違ってきます。

 

本日は、術後に

どこをカバーしたいかによって違う

ウィッグの装着方法をお伝えします。

まだ、お持ちのウィッグが使えるかも知れません。

 

フロント(額)部分をカバーしたい方

 

前頭部の傷をカバーしたい方・前髪部分に毛量が欲しい方は

 

基本的なウィッグの装着位置は生え際ぎりぎりに装着されるか

もしくは

生え際から1~2センチ後ろに装着すると、しっくり装着できると思います。

 

ただ額あたりに傷があったり、手術後に頭部に

器具を着けないといけなかったりして

前頭部をカバーしたい方は、

ウィッグの装着位置を基本の位置より前気味に装着します。

その分、額が狭くなってしまいますが、前髪も重くなり

傷跡などをカバーしやすくなります。

 

ヘアースタイルも、バックに流すようなスタイルではなく

フロント部分におろしてくるようなスタイルがおススメです。

 

それでも、カバーしきれない場合は、毛量を増やすことも

可能な場合があります。

購入した店舗に増毛修理が可能か確認してみるのもいいでしょう。

 

 

ウィッグの装着位置を前にすることで、

もちろん、襟足部分の毛量や長さも確認しなければなりませんが…

 

この時、ヘアースタイルの確認は美容師さんやウィッグ屋さんで

してもらうのがいいでしょう。

 

ウィッグでは、カバーしきれないし…と

あきらめないで、相談してみられるといいと思います。

 

 

襟足部分をカバーしたい方

 

襟足部分から首にかけて傷跡がありカバーしたい場合は

ウィッグのネット内に傷跡が入るのなら、

ヘアースタイルなどは気にされなくて大丈夫です。

装着位置も、そのままで。

ヘアースタイルも好きなスタイルにしてもらいましょう。

 

 

ただ、首にかけてカバーしたい場合は

傷跡などが、ウィッグのネットより外側にある場合は、

ヘアースタイルを、長めにしたり、ボブ風のスタイルにして

少し重みのあるスタイルでカバーするのも一つの方法です。

 

この場合は、装着位置は通常の位置で大丈夫です。

後ろに、位置をずらしたとしても

首を動かすたびに、ウィッグの襟足部分が首にあたってしまい

ウィッグが、ずれてしまうからです。

 

ウィッグの装着位置ではなく、

ヘアースタイルや毛量で、

カバーしましょう。

 

あと、

毛付き帽子もおススメです。

帽子とセットで使用するウィッグなんですが、

帽子をかぶることにより

襟足部分の髪が首元にフィットしますので

傷跡等をカバーすることが出来ます。

 

 

サイド部分(耳のあたり)をカバーしたい場合

 

サイド部分をカバーしたい場合

左右どちらもカバーしたい場合は

ウィッグの位置をずらすことは出来ないので

やはり、ヘアースタイルや毛量でカバーしましょう。

左右どちらか一方の場合は

多少であれば、片方に動かすことも可能な場合があります。

ただ、左右のバランスが崩れるので

ウィッグのカットが必要であったり、長さを出すために

増毛の修理が必要だったりしますので、

ウィッグを購入したお店に確認してみられるのがいいでしょう。

 

 

ウィッグのサイド部分には、2㎝前後の針金が入っている場合があります。

その針金が地肌にあたって痛い場合は、

針金が、肌に当たらないように、針金の形を変えてみましょう。

指で、簡単に変えることが出来ます。

 

 

手術前にウィッグを購入し

手術が、終わったら予想していたより傷跡が

大きかったなど、手術前後でウィッグの装着方法を

変えなければいけないこともあると思います。

 

ウィッグでは、カバーしきれないと

諦める前に装着位置やヘアースタイルなど

一度相談して見られるのがいいと思います。

 

いいアドバイスがもらえるかも

知れません。

 

 

髪のことに関して何でもお気軽にご相談ください。

住所:奈良市西大寺本町5番3

TEL:0742-94-5735

mail: rita.wig358@gmail.com

 

 

『RITA』嶋田

医療用ウィッグの『RITA』代表の嶋田孝代です。

『RITA』のホームページをご覧いただき、本当にありがとうございます。

『RITA』の役目は、抗がん剤治療などによる脱毛でお悩みの方に、医療用ウィッグを通じて健康的な生活のサポートをすることです。

ご自宅や病室に直接伺って採寸いたしますので、周囲の目を気にされることなく医療用ウィッグをご注文いただけます。

奈良から全国へ出張可能です、是非お気軽にお問い合わせくださいね。

-ブログ