Facebook Instagram

医療用ウィッグの『RITA』

TEL

ブログ

【ブログで解説】抗がん剤による脱毛をカバーするウィッグと帽子

投稿日:

RITA 嶋田
こんにちは。

奈良でウィッグのレンタルと販売・訪問美容をしています

RITAの嶋田です。

 

 

 

 

抗がん剤による脱毛をカバーするのは?

 

抗がん剤の治療

スタートしましたか?

 

体調は、大丈夫ですか?

 

副作用の脱毛は?

ありますか?

 

脱毛が、はじまると気持ちも沈んでしまいますね。

 

お仕事には、行っておられますか?

帽子で?

ウィッグで?

 

 

今回は、脱毛をカバーする帽子医療用ウィッグについてご説明します。

 

脱毛を帽子でカバーする方には

 

 

帽子は、ウィッグに比べると簡単に探しやすく購入しやすいと思います。

 

肌触りの良いニット帽なら、買い物のついでに立ち寄ったお店でも

偶然いいものが売っている場合もありますし、

ネットで検索するのもいいでしょう。

 

病院の化学療法室の前には、たくさんのウィッグに関するパンフレットが

置かれていますが、その中にも医療用の帽子のパンフレットが、

少し置いてあると思います。

 

金額も千円ぐらいから五千円以内ぐらいで、いいものが手に入るでしょう。

洗い替えに数枚用意されるのがいいと思います。

 

 

お家の中では、帽子をかぶっておきましょう。

髪が、抜けてしまうと

直に、頭皮なので、ぶつけたりすると

怪我しちゃいますから…

 

 

抜け毛が、多くて気が滅入りそうなときは

使い捨てのキャップを、うまく利用してくださいね。

帽子の下や、バンダナの下に使い捨てのキャップ。

寝るときにも、使い捨てのキャップ(寝にくくなければ…)

 

使い捨てのキャップに、たくさん毛がついたら、

そのまま、捨ててしまいましょう。使い捨てのキャップ

あれば、黒色がいいですね。

髪がついても、目立ちにくいです。

 

 

抜け毛が気になるからと言って

無理に引っ張って抜かないほうがいいです。

新しく、生えてくる髪が癖毛になったりする可能性があるそうです。

 

帽子は、夏は汗を吸収してくれる素材を選びましょう。

髪がないと、汗が額をつたい顔に流れてくるので、その汗を吸収してくれる素材がいいですね。

 

冬は、防寒対策の為、帽子をかぶりましょう。

 

帽子には、このように様々な使い方があります。

家の中でも、外出先でも使えますので

お気に入りの帽子を用意しておきましょう。

 

脱毛を医療用ウィッグでカバーする方には

 

ウィッグを、買うとなると、いろいろネットで調べたり

パンフレットで、探してみたり…

結構めんどうだったりしますよね。

 

CMをしているような大手ウィッグメーカーに

電話して問い合わせしてみるのも勇気がいるし…

 

 

でも、仕事に行っておられる方

または、お出かけが多い方は、ウィッグが、あれば便利ですね。

最近は、抗がん剤治療も通院でされる方が、多くなり

お仕事しながらでも治療が出来るようになりました。

 

治療中でも、体調のいい時は気分転換にお出かけするように

しておられる方もいらっしゃいます。

 

 

個人差はありますが抗がん剤の投与から

2~3週間後に脱毛が始まります。

 

ウィッグは、オーダーで作るとなると

30日から40日ほど

日数がかかりますので、

抗がん剤の投与前には、ウィッグをどこで購入するかなどを

決めておかれるのがいいと思います。

 

ちなみにウィッグの種類として

 

既製品

 

ヘアスタイルが、すでに完成しているウィッグの中から

自分の好みの商品を選びます。

 

価格は、比較的安めです。

髪の長さや、サイズの調整などが出来ない場合もあります。

作成に日にちがかかりませんので、

お急ぎの方にはいいでしょう。

 

 

フルオーダー品

 

頭の形をとり作ります。

毛質やヘアスタイル、色など自分好みに作ることが出来ます。

価格は、高めです。

出来上がるまでに1か月以上かかります。

 

 

セミオーダー品

 

希望のスタイルを作ることが出来ます。ヘアスタイルや色など自分好みに作ることが出来ますが、頭の形などはとりません。

フルオーダー品に比べると安価です。

 

 

ご自分の希望するウィッグを販売しているお店選びをしましょう。

 

抗がん剤の投与が始まると

体調の良し悪しで、お店まで足を運ぶのが困難だったりもしますので、

自宅の近辺だったり

郵送や訪問での、やり取りが可能なところがいいでしょう。

 

脱毛前と脱毛後では、ウィッグのサイズも違ってくる場合がありますので、

その時には、相談できるようなお店がいいですね。

 

ウィッグは、治療中から治療後も使用します。

髪が生えそろうまでには、個人差もありますが、

投与終了後から1年から2年ほど、かかるからです。

 

治療期間が、長くなればウィッグを使う期間が長くなりますので、

その時には、ウィッグの傷み具合により修理が必要になってくるかも知れませんし

スペアのウィッグが必要になってくるかも知れません。

 

自宅でもシャンプーをしたり、ウィッグのお手入れが必要になってきます。

購入時に、お手入れ方法も聞いておきましょう。

ウィッグ用のシャンプーやリンスも専門店なら購入できます。

 

 

ウィッグをお持ちの方でも

帽子は、持っておかれるのがいいと思います。

自宅で、ゆっくりされるときなどは、

帽子をかぶっておかれるのもいいでしょう。

 

 

ウィッグと帽子を、その日によって

うまく使い分け、お使いください。

 

 

 

 

髪のことに関して何でもお気軽にご相談ください。

住所:奈良市西大寺本町5番3

TEL:0742-94-5735

『RITA』嶋田

医療用ウィッグの『RITA』代表の嶋田孝代です。

『RITA』のホームページをご覧いただき、本当にありがとうございます。

『RITA』の役目は、抗がん剤治療などによる脱毛でお悩みの方に、医療用ウィッグを通じて健康的な生活のサポートをすることです。

ご自宅や病室に直接伺って採寸いたしますので、周囲の目を気にされることなく医療用ウィッグをご注文いただけます。

奈良から全国へ出張可能です、是非お気軽にお問い合わせくださいね。

-ブログ