Facebook Instagram

医療用ウィッグの『RITA』

TEL

ブログ

医療用ウィッグ おすすめ

投稿日:

RITA 嶋田
こんにちは。

奈良でウィッグのレンタルと販売・訪問美容をしてます

RITAの嶋田です。

HPはこちら

https://rita-wig.com/

 

 

今日は、これからウィッグの購入をお考えの方に購入時のポイントや

おすすめのウィッグについてお伝えしたいと思います。

 

おすすめの医療用ウィッグ

 

オーダーメイド商品がいいの?

金額は、高ければ高いほどいい商品なの?

 

答えは、オーダーメイドじゃなくてもいいです。

安価な商品でも、いいものもあります。

 

もうすでに、ウィッグを購入されたことのあるかたなら、

経験あるかも知れません。

 

オーダーメイドで50万以上のウィッグを購入したけど…

数回使用しただけで…

あれから、使ってないなぁ…

なんてことも。

もったいない。

 

そんなことにならないように。

 

洋服のオシャレを楽しむように、

ウィッグを使った

オシャレも楽しんでいただければと思います。

 

 

ウィッグはネットに毛をくくりつけることにより1台の

ウィッグが完成します。

 

そのネットや毛に各社の特徴があります。

 

なので、購入時に販売員から説明を受けるのは

主にネットと毛髪についてです。

 

今回は、その毛髪とネットについてお伝えしたいと思います。

 

まずは、

毛質

についてご説明しましょう。

 

ウィッグに使われる毛は

人毛や人工毛があります。

 

・人毛100%

・人工毛100%

・ミックス毛(人毛と人工毛を混ぜたもの)

 

人毛

その名の通り、人の毛を加工して作っています。

 

<メリット>

・見た目や、手触りが自然である。

 

・毛染めや、パーマが可能である。

 

・自分の毛と馴染みが良い。

 

・シャンプーなど自分が使っているものを使用できる。

 

<デメリット>

・人毛は、貴重なので価格設定が高めである。

 

・湿気等でスタイルが崩れやすい。

 

・ドライヤーやコテでスタイリングが必要である。

 

・使用していくうちに毛が退色してくる。

 

以上が、人毛に関しての、メリットとデメリットです。

 

自分自身の毛と同じだと思うと理解しやすいかも知れません。

 

雨の日は、湿気でボサボサしたり、シャンプーのあとは、ちゃんとセットしないと変なクセがついちゃったり、毛染めして、しばらく日がたつと毛が、退色してきたりしますよね?

 

じゃぁ、人工毛はどうなの?

 

人工毛

一般的にポリエステル系の化学繊維で作られています。

 

<メリット>

・スタイリングの持ちが良い

 

・人毛に比べ金額が安い

 

・耐熱温度内であれば、ドライヤーやコテが使用できる。

 

・シャンプー後、乾くのが早くセットの復元力がある。

 

・退色しない

 

<デメリット>

・ウィッグ特有のテカリがある。

 

・自毛との馴染みが悪い場合がある。

                                     

・パーマや毛染めができない。

 

・ウィッグ専用のシャンプーを使用する。

 

・摩擦や熱に弱く縮れやすい。

 

以上が人工毛のメリット、デメリットです。

 

私自身が、一番気になるのは、ウィッグ特有のテカリですね。

メーカーによって、違いもありますが…

最近は人毛に似た人工毛も出ていますので、しっかり見て納得できる範囲なのかを見極めましょう!

 

最後は

ミックス毛

人毛と人工毛を混ぜ合わせて作られています。

 

当社でもミックス毛をメインに取り扱っております。

 

なぜかと言うと

自宅での扱いやすさを重視したからです。

人毛、人工毛どちらにもメリット・デメリットがあり、

どちらかの毛のみで作成するよりも混ぜて作った方が

デメリット部分を補えるからです。

 

自宅でのセットの再現力や装着した時の自然さ、そして金額的なお求めやすさを考えるとミックス毛も選択肢のひとつです

 

人毛・人工毛・ミックス毛

それぞれに特徴があります。

ご自身のライフスタイルに合ったものを選ばれるといいですよ。

 

では、もう一つ

ネットについてです。

 

ネット

各社さまざま種類がありますが、

今回は、フルウィッグの医療用ウィッグについてです。

 

医療用ウィッグで大切なのは、抗がん剤治療が始まり

脱毛前後で、頭のサイズが変わってきます。

なので、襟足部分でサイズ調整が出来るタイプがいいでしょう。

それと、必要に応じて購入した店舗でもサイズ調整をしてもらえる。

そういうお店選びをするのがいいですね。

 

脱毛中は、頭皮も敏感です。

ネットの肌触りも重要です。

チクチクするところがないかなど、しっかり触って確かめましょう。

 

ネットには、頭頂部分に人工皮膚がついているものが、あります。

分け目部分が、自然な肌色でできています。

ネットへの植毛方法も自然な立ち上がり(ボリュームが出るように)

引き抜き植毛という方法がとられていたりします。

 

自分より背の高い人や、座った時に上から見られた時に自然です。

 

この人工皮膚がついていないと、分け目やつむじが、黒や茶色のネットになるので、

気になる方や、より自然感を求められる方は人工皮膚がついているウィッグを選ばれるのがいいでしょう。

 

人工皮膚がついていないタイプの場合は、ヘアースタイルは

分け目を、あまりつけないようなスタイルにするのが、おススメです。

 

 

今回は、ウィッグの毛髪とネットの仕組みについてお伝えしました。

 

各メーカーによって違いはありますが、

購入前にウィッグのことを知っておいていただき、

購入時に少しでも参考にしていただければと思います。

 

  

 

髪のことに関して何でもお気軽にご相談ください。

住所:奈良市西大寺本町5番3

TEL:0742-94-5735

『RITA』嶋田

医療用ウィッグの『RITA』代表の嶋田孝代です。

『RITA』のホームページをご覧いただき、本当にありがとうございます。

『RITA』の役目は、抗がん剤治療などによる脱毛でお悩みの方に、医療用ウィッグを通じて健康的な生活のサポートをすることです。

ご自宅や病室に直接伺って採寸いたしますので、周囲の目を気にされることなく医療用ウィッグをご注文いただけます。

奈良から全国へ出張可能です、是非お気軽にお問い合わせくださいね。

-ブログ